楽天カードの海外旅行保険と国内旅行保険について

楽天カードの海外旅行障害保険って?国内旅行は?利用付帯は一部の旅費航空費で?

【記者A】楽天カードの旅行保険は海外も国内もオッケー?

楽天カードには海外旅行保険が利用付帯するのですが、いったいどんな保険なのか気になる人も多いですよね。

 

ただし、カードに付帯すると言っても様々な条件もありますし、専門用語も多いので分からない点が多くても珍しくありません。

 

楽天カードだけではなく、一般的なクレジットカードでも保険は付帯するものなのですが、ここでは楽天カードの海外旅行保険にスポットをあててみましょう。

 

まず最も気になるのは、国内旅行の場合でも海外旅行保険が適用されるのかという点ですが、これは適用されません。

 

もともと海外旅行保険と銘打っているだけに、国内では国内旅行保険が適用されないのです。

 

また、楽天カードでは海外旅行保険は利用付帯しますが、国内旅行保険は付帯しないのもポイントになります。

 

これが楽天プレミアムカードなどワンランク上のカードなら付帯しますが、楽天カードには付帯しないことを覚えておくと良いでしょう。

 

ただし、楽天カードの海外旅行保険は無料のクレジットカードに付帯する保険としては、補償額などが大きめの設定であり、その点はお得だと言えます。

 

ちなみに海外旅行保険とは、海外旅行中の病気や怪我を保障してくれるサービスで、治療費や賠償責任、携行品などの損害を補ってくれる総合的な保険だと言って良いでしょう。

 

・楽天カードにおける海外旅行保険の利用付帯ってどういう意味なの?

 

楽天カードの海外旅行保険を語る上で外せないのが利用付帯ですね。
一般的なクレジットカードでも自動付帯と利用付帯に別れるのですが、自動付帯とはカードを持っているだけで、保険が適用されるものだと考えてください。

 

対して、利用付帯とはその海外旅行にまつわる費用を、楽天カードで決済することで初めて使える保険のことです。

 

楽天カードの場合ですと、海外へと出国する前に利用しなくてはいけません。

 

例えばですが、ツアーの旅行費用を楽天カードで決済する、空港に行くまでの交通機関の料金をカードで支払うなどですね。

 

ですので、海外へと出国してから何らかの形で楽天カードを利用しても、国内で決済をしていないのなら、海外旅行保険は付帯しないで注意しましょう。

 

では、具体的にどんな費用を楽天カードで決済すれば、海外旅行保険が適用されるのか調べてみました。

 

基本的には先にお伝えした通りなのですが、ツアー代金の場合は一部のみをカード払いでも大丈夫です。

 

ツアーの申込をした時に、頭金の支払があったとして、その料金を楽天カードでしたというのなら問題ないようですね。

 

最低いくら支払をすれば良いという額は設定されておらず、旅費や交通費について楽天カードを使う必要があります。

 

ちなみに、飛行機に乗る前日にホテルに宿泊するといった場合、そのホテル代に楽天カードの支払を用いても適用にはなりません。

 

 

今から楽天カードの審査を受ける方は、下のページをご覧ください。

 

毎日29人が合格してますよ♪

 

 

楽天カードの作り方(申し込みの極意)

 

↑↑専業主婦審査落ちしなかった裏技公開中↑↑

 

 

 

 

 

 

【審査激甘クレカランキング】

 

↑↑ここだけの激レア情報↑↑

 

平成30年8月25日更新

 

 

 

楽天ピンクカードもこちらから】

 

↓↓↓↓↓↓

 

【記者B】楽天カードの海外旅行障害保険の調査結果!

クレジットカードを利用する上で注意したい、楽天カードの旅行保険について情報を詳しく調べてまとめました。

 

利用付帯が適用される範囲や、実際に補償される傷害保険の内容についてチェックできる内容なので、楽天カードカード利用者は参考してくださいね。

 

巷の噂では、楽天カードは海外旅行傷害保険が充実しているという話がありますよね。

 

楽天カードだけではなく、一般的なクレジットカードにも旅行における傷害保険は付帯しているのですが、実は細かい点で色々な規約があるのです。

 

ここでは楽天カードにおける海外旅行傷害保険について詳しく調べてみました。

 

 

・楽天カードの海外旅行傷害保険ってなに?

 

海外旅行傷害保険とはその名の通りに海外旅行中に怪我や病気をした場合、その補償を行ってくれる保険になります。

 

海外旅行と銘打っているだけあって、国内旅行については適用外となっているので、注意してください。

 

ただし、同じ楽天カードでもプレミアムやブラックといった上級のカードになると、国内旅行時の保険も付帯してくるようですね。

 

ここで1つ注意しておきたいのが付帯条件というものです。

 

カードに付帯すると言っても、ただ持っていれば良いだけのものもあれば、規定の精算を事前にすませておく場合もあります。

 

一般的にカードを持っているだけで良いのを自動付帯、カードの所有だけではなく、規定の決済が必要なものを利用付帯と言い、楽天カードは後者ですね。

 

 

・利用付帯ってどうすれば適用されるの?

 

利用付帯とは上で書いたように、あらかじめ保険が適用されるための決済を楽天カードで行っておく必要があります。

 

海外旅行傷害保険を有効にするには、海外へと出国をする前に、ツアーの旅行費、または旅行に出発する際の公共交通機関の費用を楽天カードで支払った時に限ると記載されているのです。

 

つまり、海外へ出国してからタクシーで楽天カードを利用した、などのケースでは海外旅行傷害保険が適用されません。

 

飽くまでも国内での移動時、もしくはツアーの料金を支払っておく必要があります。

 

ちなみに、ツアーの旅行費の場合ですと、一部負担でも大丈夫のようですね。いくら以上の決済をしないといけないなどのように、金額的な制限があるわけではありません。

 

ツアー料金の頭金を楽天カードで決済し、残りは現金で支払をしたというケースでも適用されるので覚えておくと良いかもしれませんね。

 

逆に、旅行前にホテルに一泊したのだけど、その支払を楽天カードとしたのなら、適用されないそうです。何故なら、出国前の運賃とはみなされないからですね。

 

良く分からない場合は、楽天のコールセンターで確認してみてください。

 

 

・海外旅行傷害保険はどの程度補償されるの?

 

楽天カードの海外旅行傷害保険ではどの程度補償されるのかも心配ですよね。これは死亡時もしくは後遺症、損害賠償だと最大で各2000万円、傷害の治療などの場合で200万円までとなっています。

 

一般的な無料のクレジットカードに付帯してくる保険としては、破格の補償だと言って良いでしょう。

 

 

 

今から楽天カードの審査を受ける方は、下のページをご覧ください。

 

毎日29人が合格してますよ♪

 

 

楽天カードの作り方(申し込みの極意)

 

↑↑専業主婦審査落ちしなかった裏技公開中↑↑

 

 

 

 

 

 

【審査激甘クレカランキング】

 

↑↑ここだけの激レア情報↑↑

 

平成30年3月31日更新

 

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓

 

楽天カードの新規・入会・登録・発行

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓

 

審査がゆるいクレジットカードランキング

 

 

 

 

 

楽天ピンクカードもこちらから】

 

↓↓↓↓↓↓

 

ホーム RSS購読 サイトマップ