楽天PINKカードのメリットデメリット!楽天カードとの違いは?

楽天ピンクカードのメリットとデメリット!楽天カードと違い保険が?

楽天ピンクカードのメリット・デメリットのまとめ!

このページでは、楽天ピンクカード(楽天PINKカード)と楽天カードの違いを比較して、楽天ピンクカードのメリット(利点)とデメリット(欠点)をわかりやすくまとめています。

 

あと、2か月前に楽天カード利用歴2年専業主婦の私も楽天ピンクカードに切り替えました。

 

私が楽天ピンクカードに切り替えて使ってみた感想も口コミしていますので、今から楽天PINKカードへの切り替えをお考えの人にもお役に立てると思いますよ♪

 

 

楽天ピンクカードもこちらから】

 

↓↓↓↓↓↓

 

 

 

今から楽天カードの審査を受ける方は、下のページをご覧ください。

 

毎日29人が合格してますよ♪

 

 

楽天カードの作り方(申し込みの極意)

 

↑↑専業主婦審査落ちしなかった裏技公開中↑↑

 

 

 

 

 

 

【審査激甘クレカランキング】

 

↑↑ここだけの激レア情報↑↑

 

平成30年8月25日更新

 

楽天ピンクカードと楽天カードの違いを比較!

ここでは、楽天カードと楽天ピンクカードの違いについて比較しています。

 

機能面での違いや追加機能などの違いなど検証していますが、全体的にはピンカードがメリットを受けられますので利用検討している方は参考にしてください。

 

楽天が発行しているカードというと楽天カードが有名ですが、女性を対象にした楽天ピンクカードもあります。

 

ではその違いはなんなのでしょう、楽天カードと楽天ピンクカードをそれぞれ比較してみます。

 

 

・機能の違いは?

それぞれ違うカードですから機能面で違いがありそうなものですが実は楽天カードと楽天ピンクカードは機能面での違いはほとんどありません。

 

年会費は両方とも無料でブランドはJCB、MasterCard、Visaの3つから選べます。
ポイント還元率も同じで、基本的には楽天カードと同じように使えると考えてかまいません。

 

こう書くとわざわざ楽天ピンクカードを選ぶメリットが何もないようにも思えますが決してそうではなく違いもちゃんとあります。

 

基本的な部分が同じなのはむしろ人気の楽天カードと同じように楽天ピンクカードも使えるわけですからメリットと言ってもいいかもしれません。

 

 

・追加機能を加えられる

楽天ピンクカードは楽天カードと違い独自のカスタマイズサービスがあります。

 

楽天グループでお買い物をする時にお得になる楽天グループ優待サービスや、女性向け保険サービスの楽天ピンクサポート、特定の店舗やサービスで割引サービスが受けられるライフスタイル応援サービスなどです。

 

これらの機能は楽天カードでは使えないもので楽天ピンクカードだけのメリットになっています。

 

女性なら誰でも嬉しい機能ばかりなのでここが楽天ピンクカードの最大の特徴であり楽天カードとの最大の違いでもあります。

 

普段の生活をもっとお得にしたいと考えるなら女性にとって楽天ピンクカードはとても助かるカードなのです。

 

ただし、これらの追加機能はそれぞれ月額利用料がかかる、つまり有料なのでその点にだけ気を付けてください。

 

とはいえ追加するかどうかはこちらで選べるのでお金を払って使わない機能を追加することにはなりません。

 

 

・両方使えるのか?

女性にとって便利な楽天ピンクカードですが楽天カードと併用することはできません。

 

楽天ピンクカードを使いたい時は楽天カードから切り替える必要があります。

 

もちろん新規申し込みならいきなり楽天ピンクカードに申し込むこともできます。

 

いずれにしてもどちらか1つのカードしか持てないのですが、先ほど紹介したように楽天ピンクカードは基本的な部分は楽天カードと同じで任意で便利な機能を追加できるようになっているので併用できなくても問題ありません。

 

女性なら楽天ピンクカードを選んで少しでもお得なサービスを活用したいところです。

楽天ピンクカードのメリットは?優待サービス・特典ポイント・海外旅行保険は?

楽天ピンクカードのメリットについて、優待サービスを始めとしたいくつかの項目をチェックしてみました。

 

本やDVD購入時に受けられる特典や美容院予約のメリットなどご紹介しています。

 

他にもお得なポイント満載なのでぜひ活用しましょう。

 

楽天カードではなく楽天ピンクカードを選ぶメリットはなんなのでしょう。

 

その鍵となるのが優待サービス、特典ポイント、海外旅行保険の3つの楽天ピンクカード独自の追加サービスです。

 

この3つは楽天カードでは使えないサービスでこれらのサービスを活用できるかどうかが大切です。

 

 

・楽天グループ優待サービスについて

楽天ピンクカードに追加できる優待サービスは楽天グループ優待サービスと呼ばれ楽天グループが運営する各種サービスをお得に利用できます。

 

たとえば楽天ブックスでは本をはじめCDやDVD、ゲームが1,000円オフになり、楽天ビューティでは美容院をネット予約して利用することで楽天ポイントが200ポイントもら
えます。

 

楽天トラベルなら国内宿泊予約で1,000円オフになり、その他の楽天サービスでもポイントがもらえたり料金が割引されたりします。

 

普段から楽天のサービスをよく使うという方にはかなり大きなメリットになるでしょう。

 

月額料金として324円がかかりますのでこの料金以上のポイントがもらえたり割引が利用できるかどうかがこのサービスを追加するかどうかの判断基準になると思います。

 

 

・ライフスタイル応援サービスについて

 

こちらは楽天が運営しているサービス以外のお店やサービスで使える特典です。

 

クックパッドやサブウェイなど女性が使う機会の多いお店などを中心に日本全国で110,000以上のサービスで利用できます。

 

主な特典は料金の割引でその他にも商品が1つおまけでもらえたり、ギフト券がもらえたりと内容も多彩です。

 

楽天ピンクカードを使うだけで色々な特典を受けられるので楽天グループ優待サービスと共に非常に人気が高く、楽天ピンクカードならではのメリットにもなっています。

 

こちらもやはり月額料金として324円かかります。

 

 

・海外旅行保険について

楽天ピンクカードで旅行代金の支払いをすると最大で2,000万円までの海外旅行傷害保険も付帯できます。

 

海外旅行中に万が一の事態が起こると慣れない土地で苦労することが多いのですが経済的な負担も心配な部分です。

 

ですが楽天ピンクカードを使っていれば補償を受けられるので安心して旅行に出かけることができるでしょう。

 

海外は医療費が高く入院や本格的な治療が必要になれば数百万円単位のお金が必要になることもあります。

 

これだけのお金を自分で支払うのはとても大変なので保健が使えるのは嬉しいところです。

 

補償額がどの程度になるかは事前に確認しておきましょう。

楽天ピンクカードのデメリットは?

楽天ピンクカードを利用する時に注意したいデメリットについて、さまざまな面から掘り下げています。

 

さまざまなサービスを追加利用できますが、有料な物もあります。カード切り替えなどもデメリットが発生しますので、把握しておきましょう。

 

私達は何かサービスを利用する時、そのメリットばかりに注目してしまいがちですがデメリットについても把握することが大切です。

 

メリットとデメリットの両方を知って自分にとって便利なものかどうかを判断することが求められるわけです。

 

では楽天ピンクカードのデメリットはなんなのでしょう。

 

 

・追加サービスは有料

楽天ピンクカードでは楽天カードにはない優待サービスや保険といったサービスが受けられます。

 

商品代金が割引になったりポイントがもらえたり、旅行時の安心を得られたりとどれもメリットの大きいサービスばかりなのですがこれらのサービスを利用するには月額料金がかかります。

 

追加サービスを利用するかは任意なので利用しない選択肢もありますがそれでは楽天ピンクカードのメリットが活かせませんし、かといって追加してもサービスをまったく使わないでいると毎月324円を支払うだけで損してしまいます。

 

便利なサービスだけどお金がかかる、この点は人によってはデメリットになってしまう可能性があるでしょう。

 

月額料金以上のお得感を得られるかどうかが楽天ピンクカードを有効に使えるかどうかの分かれ目です。

 

 

・切り替えも有料

 

新規申込でいきなり楽天ピンクカードを作る場合は問題ないのですが、既に楽天カードを持っていてピンクカードに切り替えをするという方は1,080円の手数料がかかります。

 

よりお得なカードとはいえ無料での切り替えはできないので注意が必要です。

 

また、楽天カードとの併用はできないので両方を持っておいて状況に応じて使い分けるなんてこともできません。

 

上記で紹介したように追加サービスも月額料金制なので楽天カードと楽天ピンクカード、どちらが自分にとって便利なカードなのかを考えましょう。
切り替えにお金がかかることもデメリットの1つでしょう。

 

 

・メリットと比較しよう

ここまでデメリットを紹介してきましたが、楽天ピンクカードには大きなメリットもあります。

 

優待サービスの対象になっている店舗やサービスをよく使う方なら月額料金や切り替え手数料を考慮しても十分にお得なはずです。

 

逆に追加サービスをまったく使わないような方は楽天カードのままの方が余計なお金がかからずに得する場合も考えられます。

 

楽天ピンクカードを便利に使えるかどうかは人によって違ってくるわけです。

 

だからこそメリットとデメリットを比較して楽天ピンクカードを効果的に使いこなすことが重要になってきます。

 

使い方さえ工夫すればお得になるのは間違いありません。

 

 

 

 

 

【楽天カードの審査落ちを防ぐ方法は下の別ページから】

 

↓↓↓↓↓↓

 

毎日、楽天カードが発行されている新規入会時の登録方法を公開!

 

 

 

 

 

【もし、楽天カードの審査で落ちてしまったら、必ず下の別ページをご覧下さい】

 

↓↓↓↓↓↓

 

楽天カードやクレジットカードの審査落ち【裏ワザ】

 

 

 

 

 

楽天ピンクカードもこちらから】

 

↓↓↓↓↓↓

 

ホーム RSS購読 サイトマップ